フラッシュカードなど七田式チャイルドアカデミーは弊害がある?

 
七田式のレッスンではフラッシュカードを使った取り組みがありますが、

 

結構「フラッシュカードは弊害がある!」と批判を受けていますよね。

 

 

実際に七田式に通っている親として、

 

「フラッシュカードは弊害があるか否か」

 

について、まとめてみました。

七田式では弊害が起こるほどフラッシュカードばかりをやっているのではない

七田式を批判、

 

特にフラッシュカードや右脳教育を強烈に批判している人は、

 

 

ほぼ全ての人が、

 

実際に七田式の教室へ足を運び、子どもに七田式を体験させた人たちではありません。

 

 

フラッシュカードや右脳教育って、結果が見えにくいですし

 

数値的にもなかなか結果が計れないものなので

 

 

批判の対象になりやすいという、残念な性質を持っています。

 

 

 

実際に、自分の子どもを教室へ通わせていて思うのですが、

 

「弊害があるほどの量のフラッシュカードなんて見てません」

 

 

 

週に1回のレッスン、

 

1回のレッスン50分のうち、

 

フラッシュカードに取り組んでいるのは長くても15分。

 

 

週に1回、15分フラッシュカードを見ただけで、

 

弊害が本当に起こるでしょうか?

 

 

 

効果は、長年通わせて一生懸命取り組んでこられた親御さん方に直接聞くか、

 

既に有名な卒業生の実績を見てみるのが一番です。
卒業生の実績や現役生の成長はこちらからもご確認いただけます。

 

 

 

例えば、七田式の教室に通っていると四半期に1度もらえる冊子 ”夢っこclub”

 

に載っている卒業生たちの活躍も、本当に素晴らしいものばかりです。

 

 

例えば今回の夢っこclubには、

 

 

 

「2人のお子さんが京都大学へ進学した後、

 

お医者さんと大手総合商社で世界を舞台にして活躍されるようになり、

 

さらには新たに産まれたお孫さんも七田式に通っています」

 

 

という方のインタビュー記事でしたが、

 

 

特徴的だなと思ったのは、

 

 

「イメージする力(右脳の力)がたけていたので、

 

教科書を読んでもすぐにイメージして内容が理解できていた」

 

 

「大学受験のときには、自分の将来の姿をイメージして勉強していた(右脳の力)」

 

 

そして勉強だけでなく、

 

 

「小学生のときは2人とも学校代表として陸上大会に出場していた」

 

 

「陸上部、ラグビー部など体育会系の部活動にも打ち込み、

 

大学ではボート部の主将にもなって、

 

そして大会で29年ぶりの優勝を京都大学にもたらせた」

 

 

などなど…

 

まさに勉強だけにとどまらない能力開発の実績について書かれていました。

 

 

 

もし、近所に足を運べる教室があれば行ってみても面白いですよ。

 

 

想像以上に沢山の卒業生が東京大学へ進学していたり、

 

国立小学校に合格していたりしますので、

 

 

そういった身近な実績を確認してみるのも良いと思います。

 

 

フィギュアスケートの本田真凛さんも、

 

「イメージしたことを身体で表現するのが得意だった」

 

と話しており、

 

実際に七田式に通わせている親御さん方も本当に肯定的な意見の方ばかりです。

 

 

レッスンも、フラッシュカードばかりやるわけではないですし、

 

宗教じみた感じもないのですが、

 

 

どうしても、批判の対象になりやすい…

 

 

批判される理由の中の1つに、

 

七田式を批判することで共感を集め、代わりに他の商品を勧めたり、

 

他の幼児教室を勧めるようなやり方も横行しているので、

 

気を付けなければなりません。

 

 

逆に、フラッシュカードに過度な期待を寄せるのも危険です。

 

フラッシュカードだけで天才になれたら誰も苦労しないので…。

 

 

 

七田式では、フラッシュカードで右脳にどんどんインプットしていくのは大切ですが、

 

その情報をどんどん活用できるように、

 

同じような単語が出てくるような絵本の読み聞かせや

 

実際に見たり聞いたり触ったりする体験も推奨しています。

 

 

 

フラッシュカードは、確かに右脳へのインプットがすごいです。

 

 

子供も、ものすごい勢いで単語を覚えていきますし、

 

ドッツ(●の数)を瞬時に見て、

 

どちらが多いか少ないかなどの数量把握も得意です。

 

 

でもだからといって、

 

これだけで天才になるわけでもないし、

 

これだけで弊害が起こるわけでもない…

 

 

普通にレッスンに参加して、フラッシュカードをやる分には

 

弊害云々の議論はちょっと偏りすぎかな、と思います。

 

 

実際に七田式ではどんな風にフラッシュカードをみせているか、

 

そのレッスン風景をまとめた動画がありましたので、こちらでご紹介します。

 

⇒⇒七田式で評判なフラッシュカードってどんな感じ?フラッシュカードの動画まとめ!