七田式メソッドをフル集約させた幼児向け英語教材ってどんな教材?を口コミ

 

0歳〜6歳までの幼児期に秘められた子供の力はすさまじい!

 

と、七田式ではよく言われます。

 

 

あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

 

そのため、どんなお母さん方も

 

「じゃあ幼児期から英会話やらせなくちゃ!」

 

と焦るのですが、

 

 

意外や意外、七田式では

 

0歳からガッツリと英会話をやらせる必要は無い

 

って言われます。

 

 

 

まずはしっかりと日本語を身につけさせること。

 

 

 

そして、ある程度日本語が話せるようになってくると、

 

 

それに反比例するかのように英語が聞きとれなくなってくるので、

 

 

とにかく「英語が聞ける力」を育てること。

 

 

そこに注力するように指導されます。

 

 

 

 

 

この、「英語が聞ける力」を育てるのは簡単なことではありません。

 

 

なぜなら、成長するにつれて、

 

必要ない「音」はあえて脳が捨てるようになってくるし、

 

 

音だけでなく視覚から、

 

ある程度情報を拾って理解できるようになってくるからです。

 

 

 

幼児英語を絶対に失敗したくないママさんへ

 

では、幼児英語って一体何をやらせればいいのでしょうか?

 

 

大事なポイントは、

 

「英語の音を耳に拾わせ続ける」

 

ということです。

 

 

幼児向け英語教材として一番メジャーなのが「こどもチャレンジEnglish」
かと思いますが、

 

 

こどもチャレンジでも、

 

2〜3歳では、まず「英語の音を聴く力を育てる」ことに焦点を当てて
 
教材が作られています。

 

 

(英語が話せるようになるのを目指した教材になるのは

 

もっとずっとあと。5歳〜6歳です)

 

 

 

そこを間違ってしまうと、

 

子供に英単語を「ニホンゴエイゴ」で教えて

 

「ニホンゴエイゴ」の英単語を記憶していくばかりになります。

 

 

 

例えば、

 

「アップル!」

 

「ワッチュワネーム?」

 

「マイ、ネーム、イズ、タロー!」

 

みたいな感じです。

 

 

 

これが、ネイティブのような発音で発せられているのであれば全く問題ないのですが

 

ただただ暗記した「ニホンゴエイゴ」を言っているだけだと危険。

 

 

それは、

 

将来的に、私たち大人のように、

 

英語の聞き取りに相当苦労することになる可能性が高いからです。

 

 

 

子供のうちは、
 
英語の音をしっかりと聴きとれる力をまだ持っています。

 

 

 

大人では聴き取れなくなってしまった、

 

英語独特の「子音」だけの音もちゃんと聴き取れますし、

 

 

「アップル」を「アップル」というニホンゴエイゴで記憶するのではなく

 

「An Apple」という「音」で記憶することが出来るのです。

 

 

 

その力を維持させてあげられるような英語教材を

 

是非選んであげてください。

 

 

その力が育っていれば、将来的に、

 

英語の習得はものすごく簡単になるのです。

 

 

 

七田式の幼児向け英語教材「セブンプラスバイリンガル」はとにかく「音」を右脳にインプットさせる

 

そのことを知っていると、

 

日本人の先生が運営する英会話教室へ通うことが

 

どれだけ勿体ないことかがわかります。

 

 

「英語を聴く力」が育つのではなく、

 

「ニホンゴエイゴ」を記憶する単語数が増えるだけだからです。

 

 

 

これでは私たち大人と同じように、

 

将来的に英語の聞き取りに苦労することになってしまいます。。

 

 

 

だから、七田式の幼児向け英語教材(セブンプラスバイリンガル)では、

 

「英語を聴き取る力を育てること」にかなり注力して作られています。

 

 

1つは、DVDではなくCD教材であること。

 

 

一見、CD教材なんて子どもは集中して聞かないしすぐに飽きちゃうだろう、

 

と思われるかもしれませんが、

 

 

テキストの絵を絵本のように親子で見ながら英語のストーリーを聞いていくと

 

意外と子供も楽しそうに見てくれますし、

 

 

 

セブンプラスバイリンガルの本を「読んで〜」

 

と持ってくるお子さんも多いとのことです。

 

 

 

ぬりえもついているので、

 

「今日は特別にぬりえをぬりながらお話しを聞こうね!」

 

とやると、子どももさらに喜び楽しいみたいですよ^^

 

 

 

これがDVD教材だったらどうでしょう?

 

 

テレビ画面に食いつくとしても、

 

どうしても「音」よりもその「映像」に夢中なだけで

 

 

なかなか英語の音が頭に入っているようにはあまり思えません。

 

 

 

娯楽としては最高ですが、

 

英語を聴き取る力を育てるには少し非効率かもしれませんね。

 

 

 

さらに、セブンプラスバイリンガルには3倍速の英会話音声も収録されています。

 

 

これも、「音」を脳にインプットさせることを最重視して作られているからです。

 

 

だからこそ、口コミでも高評価なのだと思います。

 

 

セブンプラスバイリンガルを実際に使った方からの口コミ

では実際にどんな口コミがあるのか見てみましょう!

 

 

【CDを聴いただけで本当に英語を話し始めました】

 

 

 

【英語を文章で話すからすごいです】

 

 

日本語を覚えるのと同じように、

 

まずは英語の音を脳にインプットさせていくと、

 

あるときから自然と英語が出始めるのですね!

 

 

そんな七田式の英語教材について、こちらの記事でさらに詳しくレビューしています。