七田式教室ではなく自宅で取り組みをすればよかったとの口コミもある

 

 

七田式教育を学んでみたい!と思ったら、

 

七田チャイルドアカデミーの教室に通うのが一番です。

 

 

でも、近くに教室が無いご家庭も多いかと思いますし、

 

通える距離に教室があったとしても、

 

 

とにかく辛いのはその月謝です。

 

 

年齢や教室によって多少の変動がありますが、

 

おおよそ月に、16,000円〜18,000円ほどかかります。

 

 

塾で国語・算数を習うのとは違って

 

「能力開発」にそれだけのお金を払うことは

 

かなり親の忍耐も必要です。

 

 

また、七田チャイルドアカデミーの教室に通わせていたけれど、

 

自宅学習でも良かったかな、と感じている方もいます。

 

 

そんな方の口コミを集めてみました。

 

1才〜小3までお世話になりました。

 

長女は、国立小に七田だけで奇跡の合格。

 

 

聞いたことをすぐに理解しぱっと反応できるという、国立向けの性格は、

 

七田で育ったお陰かもしれません。

 

現在国立中の2年生になりました。

 

勉強はあまりしませんが、国立中の中でも成績は中位です。

 

 

何でも要領よくできるほうですが、努力が苦手なことに最近気がつきました。

 

これが七田の弊害なのかな、と思うこともありますが、定かではありません。

 

 

速読ができ、読書家。そして雑学博士です。

 

 

次女は現在小5。七田には1才半?小2まで通いました。

 

国立は筆記受かりましたが抽選に落ちたため、公立小へ通っています。

 

 

中学校受験に向け頑張っていますが、まだ偏差値60あたりです。

 

この子の集中力(勉強時間は短い方だと思います)と、手先の器用さは、

 

七田の指先の訓練のお遊びが大好きだったからかな、とも思います。

 

ただ、やっぱり努力はちょっと苦手かな・・・・

 

 

三女は、七田には2才?幼稚園年中まで通いました。

 

現在は、私立小学校(大学までのエスカレーター)の小1です。

 

 

振り返ってみると、七田のお陰で、子育てを楽しめた側面は大いにあると感じます。

 

意識の低い母親なので、七田に出会っていなかったら、

 

テレビ見せ放題のひどい子育てをしていたと思います。

 

 

七田は、意識の高いお母様なら、おうちでも十分取り組みはできるとは思いますよ。

 

(うちは、家ではなかなか取り組みできなかっただけなのです。またまた反省。)

 

 

一人一人のお子様に合わせて取り入れるのが一番だと思います。

 

小さなお子さんをお持ちのお母様かた、頑張ってくださいね。

 

 

テレビや宣伝出てくるような天才児を期待する方も多いようですが、

 

教室に通わせていれば誰でもそうなるわけではないと思います。

 

 

所詮、週に1回だけの通いですし、

 

教室で習ったことやアドバイスをもらったことを

 

実践する場はやっぱり家庭です。

 

 

なので、七田式の効果には、個人差がありますし、

 

家庭環境=親の努力?!もあると感じました。

 

 

息子を七田式の教室に通わせていました。

 

発表すること、絵を描くこと、お話を作ること、そして計算など得意です。

 

 

七田式で得たことといえば、書店では買えないような色々な教材で学ぶことができたことです。

 

 

はっきりいって教材さえあれば家で十分できることばかりですから、

 

教室を辞めてからの生活のヒントにはなっていると思います。

 

 

長男が一年生の終わりから通っています。三年生になりました。

 

七田は成果が目に見えてわかるものではないし、月謝が高いので、悩みながらもここまできました。

 

 

ただ、息子はとても大好きで、ジュニアスは90分の授業なのですが、

 

学校の45分の授業より短く感じると言っています。

 

いろんなことを教えてくれるのでとても楽しいようです。

 

 

実験やパズルなどが特に楽しいようです。

 

偉い人の話から、歴史や英語などなどいろんなジャンルを学ぶので、勉強になるようです。

 

 

その時に流行っているものがテキストに入ってくるのでいろんなことができます。

 

例えば百マスとか漢文などの暗唱とか。

 

 

でも安くないですからね…

 

月謝袋が来るたびにため息が出ます。

 

 

入るときに「週1回ここに通うだけで、右脳開発になるのですか?」と

 

ちょっといじわるな質問をぶつけたところ、

 

 

「教室でやったことを、家でお母さんと毎日やって初めて身につくものです」

 

という返事をもらいました。

 

なかなか正直な答えだったので、そこを納得して遊び感覚で行かせるにはちょうどよかったです

 

七田式通信教育

 

七田式メソッドを子どもに習得させたいのではれば、

 

教室へ通わせる前に、自宅で出来る教材を試してみるのも良いかと思います。

 

 

七田式には、「はっぴぃタイム」という通信教材があり、

 

高額な教室の月謝とは違って格段に安い教材です。

 

 

しかも、教室同様しっかりと自宅学習用プリントもつき、

 

全12回分で終了。(途中解約はいつでも可。違約金も無し)

 

 

永遠に月額でお金がかかる教材ではなく、DVDなどを活用して

 

繰り返し学びなおすことができます。

 

 

七田式の右脳教育を子どもに身につけさせるには、

 

確かに「教室」という場で、

 

先生や他の子どもたちと一緒に学んでいく環境も大切だと思いますが

 

 

やはり高すぎる月謝は、

 

人によっては満足して気持ちよく払えるものではないかもしれません。

 

 

そういった方向けには、「はっぴぃタイム」は持ってこいの教材です。

 

こちらで詳しく、はっぴぃタイムのレビューをしています。